はじめに

この投稿はFUN Advent Calendar 2019 part2の2日目の投稿です

しかし、私は2日を過ぎてから「空いてるのでやりませんか?」と誘ってもらってから書いたので投稿は12月18日となっています

許してください

私についてはこちらをご覧いただけると幸いです

百合作品紹介

初めての投稿では、私の百合人生において大きな影響を与えてくれた4個の百合作品を紹介します。百合男子としてまだまだにわかの領域を出ませんが、「私もその作品好き!」とか「その作品知らないから読んでみたいな」と思ってもらえるように紹介できたら良いなと思っています。

唐突ですが、百合漫画界隈では有名な百合ナビというサイトがあります。ふりっぺさんという方が運営されているのですが、ここで百合漫画総選挙という企画が2017、2018、2019年と3回行われています。正直、百合作品を知るにはこちらを見たほうが情報の品質が高いので、ぜひこちらも見てみてください。

以下に、過去の百合漫画総選挙の結果ページのリンクを張っておきます。

  1. 第1回百合漫画総選挙
  2. 第2回百合漫画総選挙
  3. 第3回百合漫画総選挙

4個の百合作品

早速ですが、まずは全作品のタイトルを列挙します(作品に出会った順)。

  1. ゆるゆり
  2. GIRL FRIENDS
  3. 加瀬さんシリーズ
  4. オトメの帝国

聞き覚えがあるものはありますか? ある人はぜひ私と語り合いましょう。twitterでお待ちしております。

聞き覚えが無い作品がありますか?Kindleアプリをご利用でしたら貸し出すのでぜひtwitterにて連絡してください。読んだあとに語りあいましょう。

1つずつ詳細に紹介するにはあまりにも量が多いので、私が感じている作品の特徴を紹介していきます!

1. ゆるゆり

ゆるゆりはコミック百合姫で連載されているなもり先生の作品です。

2019年に10周年を迎えた作品で、界隈ではかなり有名な作品となっています。タイトルだけでも知っている方は多いのではないでしょうか?

ゆるゆりは3期までアニメ化されるほどの人気作品で、かなりの人を百合に目覚めさせ、百合の普及に大きく貢献された作品だと思っています。

私もこのゆるゆりがきっかけで百合に目覚めました。

ここみてポイント

ゆるゆりという作品を紹介する上で絶対に外せないのは

登場するキャラクター同士で様々なカップリングが楽しめる

という点です。

なもり先生のすごい所は、今まで接点のなかった登場人物たちのつながりをとても自然に描かれるところです。例えば、歳が離れていたり、性格的に相容れなさそうなタイプでも「あー、そうやって繋がるんですね」と思わず唸ってしまうような接点が描かれます。

ただ、”ゆるゆり”というタイトルの通りかなりゆるーい展開です。濃厚な絡みや、恋愛で重要な葛藤のシーンなどは描かれません。そういうのは二次創作で補給しましょう!!

こんな人におすすめ

ということで、以下のような方におすすめです。

  • さまざまなカップリングを楽しみたい!
  • 妄想の種をひろって自分で展開を広げたい!
  • ゆるーい百合が見たい!

2. GIRL FRIENDS

GIRL FRIENDSはアクションコミックスにて2006年から2010年まで連載されていた森永みるく先生の作品です。

百合初心者におすすめの作品として有名なJK百合です!

ここみてポイント

GIRL FRIENDSは友情と愛情の違いについて考えさせられる作品です。

地味めな女子高生だった真理子が、ギャルっぽい様子の亜希子と知り合い、亜希子に刺激をもらいながら女子高生らしい遊びに目覚めていきます。 そのような過程から、自分に新しい世界や楽しい毎日を教えてくれた亜希子に強い親しみをいだき、その環状は徐々に友情を超えて行きます。

眠っている亜希子に対してなぜか真理子はキスしたいと思ったり、彼氏がいる亜希子に嫉妬の感情を覚えたり、という経験から徐々に自分の気持ちを自覚していきます。 亜希子も真理子に対して少しずつ友情を超えた感情をいだき始めて、お互いに好きを意識しはじめます。

相手に対する思いが強い愛情であるということを自覚していく過程で、二人は友情愛情の違いについて考えます。 この2人の葛藤を見て私も「友情と愛情の違いはなんだろう?」と深く考えた記憶があります。

最終的には2人は結ばれて、最後は甘い甘い2人の生活を見届けられるので、安心して読めます。

こんな人におすすめ

ということで、以下のような方におすすめです

  • 王道のJK百合が見たい!
  • すでに完結した作品がみたい!
  • 甘々な展開が見たい!

3. 加瀬さんシリーズ

加瀬さんシリーズは、ウィングスにて連載中の高嶋ひろみ先生の作品です。 俗称は加瀬さんシリーズなのですが、単行本はすべて “○○と加瀬さん” というタイトルで統一されているため、加瀬さんシリーズと呼ばれています。

ここみてポイント

加瀬さんシリーズは初々しい女子高生の恋愛を応援する作品です。 とっっっっっっっにかく初々しいです!!

陸上部員の加瀬さんと緑化委員の山田さんの物語なのですが、加瀬さんが山田さんを好きになるまでの過程がとても心温まります。 とっても簡単に言うと、緑化委員として日々健気に頑張る山田さんのことが目についてから気になり始めて、ついつい目で追っちゃっていつの間にか好きになっているという感じです。 可愛くないですか?私は可愛いと思います!!

無事お付き合いをしたあとも、色々と壁が現れますが2人で乗り越えてゆく姿は、心のそこから応援してあげたくなります。 加瀬さんは卒業した先輩(女性)と付き合っていたのではという噂を聞いて、先輩に嫉妬したり、先輩と比べて自分なんか加瀬さんに釣り合わないと自信を失ってしまう場面もあります。 しかし、加瀬さんがイケメン彼女力を発揮して山田さんの自信を取り戻させるのですが、本当にかっこいいです!!

その後、大学受験でも山田さんが加瀬さんの影響を受けて、加瀬さんと同じく東京の大学に行きたいとがんばります。 親からの反対を受けるのですが、自分の努力や結果でなんとか説得します。その原動力は加瀬さんの近くに居たいという思いなので本当に健気です。

無事大学受験を終え、東京でひとり暮らしをはじめてからやっと2人は体を重ねるのですが、これまで2人で一緒に壁を乗り越えてきたことを思うと本当に泣けます。

こんな人におすすめ

ということで、以下のような方におすすめです

  • 初々しい百合をみてキュンキュンしたい!
  • 長い長い時間をかけて愛を育む様子が見たい!
  • 陸上部イケメン女子が見たい!

4. オトメの帝国

オトメの帝国は、少年ジャンプ+にて連載されている岸虎次郎先生の作品です。 とある女子校の複数のカップルのストーリーを描くオムニバス形式の作品となっています。

ゆるゆりとは異なり、**固定のカップリングが明確に存在します。**それぞれのカップリングがそれぞれの色を出していて、見ていて飽きないです。 とっても重い展開があってそれを乗り越えるカップルがいれば、陽気な留学生と陰気な漫画部の生徒のカップルもあったりします。 「あのカップルは今後どのように発展していくんだろう?」とか、「このカップルは見ていて安心するなぁ」とか、「このカップルは毎話イチャイチャしてるなぁ」とか本当に色々あります!

特にあーちえというカップリングは、あーちえの話だけまとめられた「あーちえスペシャル」という単行本も出ているので、これだけでも読んでみる価値があると思います。

作画に関しても特筆するべき項目があります。それは、登場人物たちの表情です 陳腐な言葉で申し訳ないのですが、まるで生きているかのような表情であり、このシーンはこの表情しかないっていう最高の表情を描かれています。 岸虎次郎先生のこだわりを強く感じる部分なので、もし読むことがあればぜひ登場人物たちの表情に注目して読んでみてください!大事なことなのでもう一度いいますが、本当にこの表情以外ありえないという表情をしています。

こんな人におすすめ

ということで、以下のような人におすすめです

  • 複数の濃厚な百合を一気に楽しみたい!
  • リアルな作画でキャラクターが生き生きしている姿がみたい!
  • 甘々な百合が見たい!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

他にももっともっと紹介したい作品があったのですが、時間や気力の関係で紹介しきれませんでした。それでもぜひ知って欲しいので、タイトルとひとくちめもだけ記載しておきます。

  1. 魔法少女まどかマギカ
  2. ささめきこと
  3. ふたりモノローグ
  4. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
  5. 小林さんちのメイドラゴン
  6. 2DK、Gペン、目覚まし時計
  7. 安達としまむら
  8. オクターヴ
  9. 極上ドロップス

作品を紹介する上で、本当はもっともっと適切な表現や言葉あると思うのですが、どうしても語彙力がたりず悔しい気持ちでいっぱいです。

すこしでも皆さんの百合人生が良いものになるよう貢献できていたら幸いです。

youtangai

Goを利用しているLoLと百合が好きな学生